お車相談Q&A
Q and A

みなさまから寄せられるよくある質問をまとめました

Q ATFとは何ですか?

A ATFは(オートマチック・トランスミッション・フルード)の略で、オートマチック車の走行ギヤ変換のとき、圧力によって動力を伝えるための専用液です。この液体の状態をメンテナンスすることで燃費性能も向上します。

Q エンジンのかかりが悪くなりました。

A スパークプラグが劣化している可能性があります。 エンジン燃焼室内で圧縮された空気とガソリンの混合気に着火させるのが、スパークプラグです。

Q タイヤの溝にはどんな役割がありますか?

A タイヤの溝(トレッドパターン)は、路面の水を逃がしてスリップを抑える働きがあります。また、タイヤが回転するときに出る騒音を抑える働きもあります。
タイヤの溝の車検規程は1.6mmです。この深さが無い場合や、水たまり上でのスリップなどが発生する場合はタイヤの交換を検討しましょう。

Q ブレーキを踏むと"キーッ"という金属音がします。

A ブレーキペダルを踏むと、ブレーキパッドへ圧力が伝わり、ディスクをはさむことによって、回転を止めます。ブレーキパッドがディスクをはさんで止めることによって「ブレーキがきく」のです。
金属音が鳴る場合は、ブレーキパッドが減っている事が考えられます。

Q 水温計の値がHに近い状態があります。

A エンジンがオーバーヒート気味になっています。冷却水(ラジエータ液)がエンジンを冷やすことができなくなり、そのまま放って使用しているとエンジンが焼き付いて止まってしまいます。
冷却水(ラジエータ液)で冷やすことができなくなった理由として、冷却水(ラジエータ液)を常に冷却するファンベルトが適正に動いていない事が考えられます。
ベルトの張りや、強度などの確認をしてみましょう。また、必ず専門の方に検査してもらうようにしましょう。

Q エアコンの効きが悪くなりました。

A エアコンのガス(エアコンガス)が不足している場合があります。
エアコンガズはクルマの冷房のために必要なガスです。そのほか、車内の除湿、ウインドウのくもりをとる働きもあります。

Q 「ラジエーター」って何ですか?

A 正式には、LLC(ラジエーター液)といいエンジンを長持ちさせる役目をしています。
ラジエーター液は、エンジンを冷却し、オーバーヒート防止や凍結防止・防錆など、エンジン内を保護する働きがあります。

Q バッテリーは取り替える必要があるの?

A バッテリーは乾電池=消耗品です。
エンジンをかけるためにバッテリーは欠かせません。また、クルマの電動、電子機器のすべてを動かすためにも必要です。走行中に充電されますが、真夏日のエアコン利用ややエンジンをかけずに長い間室内照明をつけているとバッテリー消費がすすみ、最後はエンジンが掛からなくなります。車の点検時には必ず点検しましょう。

Q 以前より燃費が悪くなった気がします。

A バッテリーは乾電池=消耗品です。
新車で購入した時に比べて、最近燃費が落ちたなあと感じることはありませんか? そんな時はエアクリーナーエレメントをチェックしましょう。エンジンは、ガソリン1に対して空気15の割合で燃焼させています。この空気を吸引する装置がエアクリーナーで、空気をろ過しているのがエレメントです。

Q ハンドルが重いと感じるようになりました。

A パワステオイルをチェックしましょう。 パワステオルは、パワーステアリングの力の源であるパワステポンプで発生した油圧を伝える働きをしています。パワーステアリングを使う上で、なくてはならないオイルです。

Q ギヤ鳴きがするのですがどうしたらいいでしょうか。

A ディファレンシャルオイル交換をおすすめします。
カーブを曲がるとき、外側の車輪を多く回転させる仕組みをサポートしているのが、このオイルです。FF車、FR車には1つ、4WD車には2~3つ装着されています。

Q エンジンオイルの役割を教えて!

A エンジンオイルは車の血液です。主に5つの重要な働きがあります。
潤滑…エンジン内部の金属と金属がふれあう部分が、なめらかに動くようにします。
密封…ピストンとピストンとの間のすき間を埋めます。
冷却…ピストンの高熱を冷やします。
清浄分散…燃料油が燃えてできる汚れを溶かして分散し、エンジンをきれいに保ちます。
防錆…ピストンやベアリングの錆、腐食を防止します。

Q ブレーキのききが悪くなった気がします。

A ブレーキオイル(ブレーキフルード)の状態をチェックする必要があります。 ブレーキオイルはブレーキペダルを踏んだときの圧力を、四輪各部へ伝える働きをしています。

Copyright (C) コスモ石油販売株式会社大阪カンパニー All Rights Reserved.